バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島最新レポート

レギャンビーチホテル 朝食会場とお部屋編

投稿日:2017年03月27日(月)

クタビーチの目の前に、広大な4ヘクタールもの敷地を持つ老舗の大型リゾートホテル『レギャンビーチホテル』は、ここが本当に繁華街のレギャンの一部なのかと思ってしまうほど自然が多く残された、緑豊かなホテルです。敷地内では椰子の木々や南国の花々や草木を身近に見ることが出来ます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像1 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像2

『レギャンビーチホテル』の所在地は、有名なクタビーチ通り。左手にクタビーチを見ながら道なりに右折した先の左側です。レギャンビーチホテルは、その名前の通り、レギャンビーチまでは徒歩0分。距離はホテルの敷地とビーチを隔てている遊歩道の幅だけなので、ビーチまで徒歩0分と言う超至近距離という非常に恵まれた場所にあります。 

有名なだけにローカルやツーリストが沢山集まるレギャンビーチで、ホテル敷地内のデッキチェアやレストランでゆったり寛ぎながら、レギャンビーチに沈む美しいサンセットを誰にも邪魔されることなく満喫出来てしまう、という南国ならではのバカンスタイムの過ごし方が可能なホテルです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像3 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像4

レギャンビーチホテルは、どのお部屋も内装がとてもよく似ていることが特徴として挙げられます。部屋の床面積はカテゴリー毎に異なりますが、備品などはほぼ同じ。特にインテリアに使用されている白と黒のチェックの布は、レギャンビーチホテルだけでなく、姉妹ホテルのチャンディビーチリゾート&スパにも使用されています。

レギャンビーチホテルのメインロビーは、大人が一目で全体を見渡せるくらいの広さですので、ロビーで待ち合わせたけれど会えない、というようなことは起こり難いです。 ロビーの前には池が作られていて、カラフルで元気な鯉が沢山泳いでいます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像5 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像6

お部屋をご紹介する前に、旅の楽しみでもある、朝食会場のレストランをご紹介致します。

朝食会場の『バレ・バンジャール・レストラン』は、広々とした大きなレストラン。インテリアに沢山使われているウッド調のインテリアが落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像7 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像8

朝食はインターナショナル料理のブッフェ式。ブッフェコーナーはレストランの中央付近にあるので、何処に席を取っても問題ありません。コールドプレート、ホットプレート、パストリーも充実していて、フルーツも沢山用意されていました。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像9 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像10 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像11

自慢のパストリーコーナーには、数多くのパンが並んでいます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像12 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像13

これはブッフェの食事をプレートに載せた一例です。オーソドックスにナシゴレン、ミーゴレン、ソーセージ、サラダなどを選んでいます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像14


それでは早速ホテルのお部屋のご紹介を致します。
まずは、ビルディング棟の『スーペリアルーム』です。

『スーペリアルーム』には、天蓋の付いたベッドが置かれています。天蓋を使うとエアコンの風が直接体に当たるのを遮ってくれるので健康にも良いんですよ。

こちらはダブルベッドですが、『スーペリアルーム』にはツインベッドの部屋もあります。バルコニーを合わせた部屋の床面積は32㎡あります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像15

部屋の壁側には作り付けのデイベッドもあるので、ゴロゴロしたり、
本を読んだりするのに便利そうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像16

部屋の広さはこじんまりしていますが、ライティングデスクと冷蔵庫、コーヒーを作るセットも置かれています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像17

窓の外のバルコニーでは喫煙可能なので、愛煙家には嬉しいスペースです。また、物干しも置かれているので、濡れた水着などをお部屋の外に干せるのはとても便利です。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像18 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像19

バスルームはコンパクトに揃っています。 狭いですが機能性重視のバスルームで、バスタブに付いたシャワーも日本のユニットバスのようですね。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像20 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像21

次は同じくビルディング棟にあるスーペリアのひとつ上のカテゴリー、『デラックスルーム』をご紹介します。

こちらがツインベッドです。先にご紹介したスーペリアルームでツインベッドをリクエストした場合も、これと同様にシングルベッドが2台置かれたツインになります。 天蓋はふたつのベッドを覆うようについています。バルコニーを合わせた部屋の床面積は43㎡あります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像22

デラックスルームには、作り付けのデイベッドが置かれている他に、
一人掛けのソファが置かれています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像23

スーペリアルームに比べると、クローゼットとライティングデスク廻りにゆったりとしたスペースがあります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像24

デラックスルームもバルコニー付きなので愛煙家には嬉しいですね。物干しも置かれていますので濡れたものはバルコニーで干すことが出来ます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像25 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像26

コンパクトにまとめられたバスルームは、洗面台にドライヤーが備え付けになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像27 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像28

バスタブに付いたシャワーは日本のユニットバスのようですね。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像29 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像30

さて、次にご紹介するのは『デラックスファミリールーム』です。このお部屋は現在バリ王のウェブサイトには掲載されていないカテゴリーです。

『デラックスファミリールーム』はの特徴はロフトがあること。お部屋を入って直ぐの1階部分は他のお部屋と変わらないのですが、ベッドが置かれているスペースの真上部分にロフトになったベッドルームがあります。お子様連れのご家族にお勧めの、ちょっと変わったお部屋をご覧ください。

下に置かれているのはツインベッドでふたつのベッドを覆う天蓋が付いています。ベッドの足元の方向に壁に取り付けられたフラットスクリーンのテレビ、ライティングデスク、クローゼット、ミニバーのキャビネットなどがあります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像31 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像32

1階のベッドの真上に造られているロフト部分。ロフト部分はガラス張りになっているので目隠し用のカーテンが内側に付いています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像33 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像34

これが下に置かれたべッドの真上に位置するロフトのベッドルームの内部です。天蓋付きのダブルベッドとエアコン、テレビが付いて、シンプルで快適なベッドルームになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像35 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像36 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像37

バルコニーには4人銘々で座れるソファがあります。勿論物干しも置かれています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像38

バスルームは広くはないですが、ドライヤーなど必要なものがコンパクトに揃っています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像39

勿論バスルームにはバスタブとシャワーも付いています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像40

メインバスルームの他に、シャワーブースとトレイだけがある場所がもう1つあります。人数が多くなるとシャワーを浴びられる場所とトイレが2つあるのはとても便利です。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像41

次にご紹介するのは『デラックスガーデンコテージ』です。ホテル独自のホームページでは、「バンガロー」という名前になっているので最初は戸惑いますが、ホテル独自の取り決めにより、同じカテゴリーの建物を日本人向けには「コテージ」と呼び、欧米人向けには「バンガロー」と呼ぶそうです。

今までご紹介したビルディングタイプと違うコテージタイプのお部屋ですが、必ずテラス部分があり、ソファやデイベッドが置かれているので、ガーデンの緑を眺めながらテラスでお茶を飲んだり、喫煙したりすることが出来ます。テラスを合わせた床面積は44㎡あります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像42

ガーデンコテージのお部屋はゆったりした印象です。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像43 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像44

クローゼットの中に用意されたビーチサンダルと傘が用意されています。この写真には写っていませんが、セーフティボックスもクローゼットの中に置いてありました。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像45

デラックスガーデンコテージのバスルームには自然光が沢山入るため、
とても明るくで広々しています。

バスタブの他に、シャワーが別に付いているのも便利で使い易いと思います。シャワーブースにはレインシャワーが付いています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像46 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像47

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像48 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像49


次は『デラックスビーチコテージ・3ベッドルーム』です。

先にご紹介したガーデンコテージとビーチコテージの違いはコテージの立地が異なる事で、お部屋の内装などはほとんど変わりません。ガーデンコテージの床面積は44㎡ですが、デラックスビーチコテージの床面積は51㎡あります。7㎡の差と言うのは、ほとんど気にならない程度の差しかありません。

但し、この日はデラックスビーチコテージが満室だった為、変わりに同じカテゴリーの3ベッドルームを見せて頂くことになりました。
3ベッドルームなので床面積は大きくことなります。予めご了承下さい。

こちらがデラックスビーチコテージの3ベッドルームです。入り口は普通の1ベッドルームより、デイベッドが置かれているスペースが無い分小さく感じますね。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像50

建物に入って直ぐのサブベッドルームには天蓋の付いたダブルベッドが置かれています。1つの建物の中に3つあるベッドルームは、それれぞれ部屋のレイアウトは異なりますが、部屋毎にバスルームが付いていて、ミニバーや冷蔵庫、テレビなども別々なので、お部屋毎のプライバシーも守れそうですね。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像51 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像52

バスルーム内はバスタブとシャワーが別になっていてゆったりとしていました。シャワーブースにはレインシャワーも付いていて、部分の天井は明り取りのガラスになているので、バスルーム内がとっても明るくて気持ちが良いです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像53

他のお部屋同様に、洗面台にはドライヤーが備え付けになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像54

こちらのサブベッドルームにはツインベッドが置かれていて、
ふたつのベッドを覆う天蓋が付いています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像55 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像56 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像57

こちらのバスルームもバスタブとシャワーブースが別になっているタイプです。とても明るくて気持ちが良いです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像57

こちらのバスルームの洗面台にも、ドライヤーが備え付けになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像58

最後はマスターベッドルーム。こちらには天蓋の付いたダブルベッドが置かれています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像59 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像60

マスターベッドルームのバスルームも、バスタブとシャワーブースが分かれているタイプです、シャワーブースにはレインシャワーが付いていて、天井には明り取りのガラスがあるので自然光が沢山入ってとっても明るく気持ちが良いです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像61 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像62 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像63

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像64 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像65

マスターバスルームの洗面台にも、ドライヤーが備え付けになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像66


この次は、『デラックスプールヴィラ』をご紹介しましょう。このデラックスプールヴィラは、ホテルの敷地の中に造られた1戸建てのプライベートプール付きのプライベートヴィラで、建物の床面積は94㎡、総敷地面積は160㎡あります。

落ち着いたウッドの扉の中にはどんなヴィラがあるのでしょう・・・

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像67

バリ風な風情のヴィラは、我が家に帰って来たような懐かしい感じがします。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像68

茅葺の屋根は南国情緒たっぷり。趣があって素敵です。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像69

縦長のプライベートプ-ルは温水では無いですが、ジェット噴射機能が付いているので、ジャグジー気分も楽しめます。
プールの大きさは縦7メートル、幅2.2メートル、水深は1.4メートルあります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像70 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像71

部屋の中は今までご紹介してきた内装とほとんど同じです。
ベッドルームには天蓋の付いたダブルベッド。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像72

ベッドの向かいには、ライティングデスクとミニバー、コーヒーを作るセットとエスプレッソマシンが用意されていました。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像73

ベッドルームからは窓越しにプライベートプールが見えます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像74

ヴィラに用意されているエスプレッソマシン。最近は本格的なコーヒーやエスプレッソを部屋で楽しめるように、専用のマシンを置いているところが増えました。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像75

こちらは普通の電気湯沸かし器。部屋にひとつあると普通のコーヒーや紅茶を淹れたり、カップ麺を食べたりする時にとっても便利ですよね。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像76

コンセントの形状は世界共通のマルチタイプなので、日本のコンセントでも直接差し込めます。が、電圧はインドネシアの220Vなので日本の110Vとは異なります。 日本でしか使えない110V限定の電気機器を直接差し込んでしまうと故障したり危険な場合もありますので、お客様ご自身でくれぐれもご注意下さい。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像77

バスルームには他の部屋には無かったダブルシンクが付いていました。ドライヤーは備え付けになっています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像78

私が驚いたのが、バスルームにエアコンが取り付けてある事。バスルームにエアコン?湿度が高いのが苦手なお客様の為だそうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像79

このバスタブはジャグジー機能が付いた二人用。向かい合って2人同時に浸かる事が出来ます。ゆったりリラックスしたバスタイムを楽しめそうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像80

天井が明り取りのガラスになっているシャワーブースは、とっても明るくて使い易そうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像81

他の部屋に比べてもかなり大きいクローゼットには、他の部屋には無かったバスローブが用意されていました。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像82

デラックスプールヴィラの部屋の天井部分にご注目下さい。とても珍しい二重構造になっているのがご覧頂けます。外観でご覧頂いた南国情緒タップリのエキゾチックな茅葺屋根は、じつは虫などの問題が多いことも。その点、このヴィラの天井は二重構造になので天井から虫が入ってくることは
無いそうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像83 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像84

最後にご紹介するのは、一番新しい『プレミアプールヴィラ』です。入り口の扉はウッドで、デラックスプーヴィラとほぼ同じ。落ち着いたウッドの扉の中には、どんなヴィラが待っているのでしょうか?

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像85

プライベートプールとパラソルの付いたデッキチェア、そして、グリーンの芝生がリゾート感たっぷりな『プレミアプールヴィラ』。余裕のある配置は高級プライベートヴィラそのもの。総敷地面積は200㎡あります。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像86 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像87

『プレミアプールヴィラ』の玄関は、内側からカーテンの付いたガラスの扉になっていて、そのままテラスに繋がっている造りです。テラスにはデイベッドが作り付けになっていて、隣にはテーブルが1つと椅子が2脚置かれています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像88

ガーデンから一歩建物の中に入ると、部屋からプールが眺められます。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像89

今まで見てきた他の部屋とは一味違った高級感のある落ち着いた雰囲気のベッドルームです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像90

ベッドの前のリビングスペースの置かれたソファも座り心地が良さそうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像91 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像92

ミニバーと電気ポット、エスプレッソマシンがキャビネットの中に用意されています。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像93

このヴィラにもダブルシンクなので、2人で同時に使えて便利ですね。
窓が大きいのでとても明るいです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像94

このヴィラのバスルームの醍醐味は、プライベートプールとガーデンが眺められる事。そして、このバスタブはジャグジー機能が付いた二人用なので、2人でのんびりとバスタイムを楽しむことが出来そうです。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像95 レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像96

バスタブとは別のシャワーブースも2人同時に使えるツイン仕様。

レギャンビーチホテル朝食会場とお部屋編の画像97


『レギャンビーチホテル』は、レギャンという繁華街にありながら、新しく建てられているホテルには真似の出来ない、年月を掛けて少しずつ育った樹木と自然が敷地内に沢山残る緑豊かなリゾートホテルです。

古くから営業している老舗なので、特にビルディングタイプのお部屋の場合は、天井が若干低く感じたり、バスルームにゆとりのスペースが少なく感じますが、よほど背の高い方、体の大きな方でない限りさほど気にならないと思います。

また、レギャンビーチが目の前にあるのでサーフィンを楽しみたい方は勿論、クタ近辺のショッピングや観光の拠点としては申し分ない立地ですので、気取らずカジュアルな滞在をご希望される方、ご家族連れにもお勧めです。


今回のレポート1・朝食会場とお部屋編はこれで終了です。
レポート2として、ホテル内のキッズクラブやプール、レストランなどといった施設を
ご紹介させて頂きます。
どうぞお楽しみに。。。

ホテル検索

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店

iata jata プライバシーマーク