バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島アグン山に関連するニュースの誤解と、バリ州政府観光局からの公式声明のお知らせ

投稿日:2017年09月30日(土)

バリ島を愛する皆様、そして、バリ島旅行を楽しみにしていらっしゃる皆様へ

 

以下、9月27日15:56付けで配信された、

時事通信社のウェブニュースJIJI.COMからの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

噴火恐れ、旅行キャンセル急増=「8割取りやめ」業者苦境―バリ島

 【クルンクン(インドネシア・バリ島)時事】

インドネシア・バリ島東部アグン山で噴火の恐れが高まっていることを受け、同島への旅行をキャンセルする動きが止まらない。
 島でトレッキング中心のツアー会社を営むグドゥ・マングンさん(43)は、22日に政府が噴火警戒レベルを「最高」に引き上げて以降、予約の8割がキャンセルされたと指摘。                  

主要観光地クタのツアー業者も、「クタを含む島南部は安全とみられているのに3割以上キャンセルが出ている。新たな予約も減った」と話した。
 当局のこれまでの予測では、噴火による溶岩や火砕流で大きな被害が出るとみられるのは同島東部で、主要観光地である南部のクタやヌサドゥアは含まれてない。航空便も現在、通常通り運航しているが、噴火時には火山灰の影響で空港が閉鎖される可能性もある。 

(上記で引用した文章は一部省略しています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事内で下線を引いた部分の「8割がキャンセル」とありますが、

これはバリ島内でトレッキング中心のツアー会社を営む現地の人の言葉。

トレッキング中心のツアーであれば、危険区域に指定されたアグン山のトレッキングをキャンセルするのは当然の事です。

この記事は、「クタを含む島南部は安全とみられているのに3割以上キャンセルが出ている。」と、

主要観光地である南部のクタやヌサドゥアは含まれてない」と、

本来一般の観光客が滞在、観光する南部地区についても触れています。

8割のトレッキングツアーのキャンセルの数字に気を取られて、

安全とみられている主要観光地の南部地区、

クタやヌサドゥア、ジンバラン等への旅行をキャンセルしてしまうのは、

非常に残念としか言えません。

 

以下は9月27日付けでバリ州政府観光局から発信された公式声明を、

弊社パラダイスバリツアーズが翻訳したものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バリ州政府観光局観光事務所

公式声明

バリ島の観光旅行を心配している親愛なる人々へ

バリ州政府観光局はアグン山のハザードレベル(危険度)についてレベル3(注意)からレベル4(危険)に引き上げ、バリ島での観光をお奨め出来ない状況のようですが、ほとんどの観光地が火山からは遠く離れているので、観光客が心配する必要はありません。

2017年9月26日まで、火山は噴火しておらず、火山灰もありません。 山の周りの半径9キ圏内と半径12キロ圏内は危険であると考えられますが、その他の主な観光地の大半は安全です。

バリ島は観光客の皆様にとって以前と同様に安全ですので、引き続き観光客の皆様にバリ島へお越し頂きたいと願っています。 バリ島はアグン山周辺の地域を除いて安全です。 ングラ・ライ国際空港への空の便はこれまでと変わらず、今でも毎日50,000〜60,000人の旅行者がバリ島に出入国しています。

もしも空港が火山灰による影響を受けた場合に備えて、バリ島以外の9つの代替空港が迂回便用として準備されており、フライトに影響を受けた旅行者でバリ島から出国する必要のある方々の為に、フェリーの発着する港と陸路のバス便利用の駅に輸送する為に300台のバスを用意し、私達は有事に必要な準備はすべて整えています。

そして最後に、私たちはバリ島がまだ観光にとって安全だと確信しています。 "バリ島の観光旅行は安全です"。 アグン山が最高の警戒状態にあることで、バリ島が安全でないという誤ったニュースを広めないでください。皆様どうぞバリ島にお越し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アグン山の火山活動よりももっと前から噴火を起こしていた、

インドネシアのスマトラ島にあるシナブン山は、

今まで国際的に大きく取り上げられることはありませんでしたが、

今回のバリ島のアグン山の火山活動の活発化が起きたことで、

初めて国際的に注目され日本にも知られるような取り上げられ方をしています。

この事で、一部ではあたかもアグン山が噴火したかのような間違った捉え方をされ、

バリ島へのキャンセルされてしまう、といった非常に残念なことも実際に起きています。

 

時を同じくして、バヌアツの火山活動の記事がアグン山と同じ記事の中で同時に取り扱われ、

大きな誤解を生じているケースも見受けられます。

 

アグン山の火山活動が活発なのは事実ではありますが、

バリ州政府観光局観光事務所の公式声明にもある通り、

バリ島内の主な観光地は安全なまま、空港も通常通りです。

 

ニュースで伝えられている地震については、

現在火山性の地震が起きているのは事実ですが、

揺れを感じるのはアグン山周辺地域に限られています。 

バリ島南部のクタ、ヌサドゥア、ジンバランをはじめとするビーチエリアでは

体感する地震は感じられません。これは、アグン山のあるバリ島東部から、

バリ島南部のビーチエリアまでは約75キロメートル離れている場所だからです。

バリ島南部のビーチエリアからアグン山のあるバリ島東部までは、

車で移動して通常約3時間程度掛かる距離です。

 

バリ島を愛する皆様、そして、バリ島旅行を楽しみにしていらっしゃる皆様には、

これからも間違った報道に惑わされること無く、バリ島旅行にお越し頂きたいと、心から思います。

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク